グッドヒル株式会社 匠の業とIT技術の融合
 
 
トップに戻る
サイトマップ
 
 
 
コンセプト

GURUMI Spirit

ぐるみ精神』で感謝の心

Group of Rapidaction with
United Mind and Intelligence


『お客様ぐるみ』でお客様に感謝〜
最高の洋服作りで満足していただきます。

『仲間ぐるみ』で仲間に感謝〜
社員一人ひとりがチームワークの中で技術を磨き、
自分を成長させ、社会に貢献いたします。

『地域ぐるみ』で社会に感謝〜
服飾を通じてファッション文化を創造するグローバル
カンパニーを目指します。

グッドヒル株式会社 行動計画 (令和2年4月1日)

 社員が、仕事と生活の調和を図り、次世代を担う能力を身に付け、働きやすい雇用環境を整えるため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 令和2年4月1日〜令和7年3月31日までの5年間
2.課題
○女性の採用に関しては問題ないが、企画力等の能力発揮、技術的後継者育成に時間がかかる。
○女性の育児休暇取得は100%だが、現業職であるため、有給休暇等の取得と現場の効率性のバランスが悪い。
3.目標
@女性の管理職の登用を5年後に18%以上にする。
A男女ともに、有給休暇取得を年間6日以上を目指す。
4.取り組み内容
@女性の管理職登用に関し、管理職直前の係長職・主任職を段階的に増やしキャリアアップ研修を実施するとともに、女性技術者の育成を促す
○令和2年4月1日〜 各職級のリーダーの育成のため、ヒアリングを行う。
○令和3年4月1日〜 新商品開発のためにプロジェクトチームを作る。
女性の意見を多く取り入れ、リーダーシップを養成する。
○令和4年4月1日〜 育児休暇後の復帰と技術促進を促す。
○令和5年4月1日〜 女性技術者の育成の技能検定・講習を実施する。
A社員の家庭と仕事とのバランスのとれたライフスタイルを目指し、男性の育児及び看護への積極的な関与を促す。
○令和2年4月1日〜 最低1名の男性育児休暇の取得を促し、体験談を共有し、周囲の意識を変える。
○令和2年9月1日〜 介護と仕事の両立について、セミナーを行なう。
○令和3年4月1日〜 有給休暇・特別有給休暇取得を促すため、計画取得の進んでいない社員にヒアリングを行う。
○令和4年4月1日〜 生産効率をあげるため、多能工教育を充実させる。
5.その他
@地域の子供の工場見学及びインターンシップ受け入れを行い、勤労意識を若年から培う。
A介護休業の利用促進については、継続して行うこととする。
以上

社員比率 (令和2年7月現在)
 総従業員数:740名(男性:179名/女性:561名)
 平均年齢:46歳(男性:47歳/女性:46歳)
 平均勤続年数:18.5年(男性:19年/女性:18.3年)
 係長級にある労働者の女性の占める割合:35.3%
 管理職にある労働者の女性の占める割合:13.7%

女性の活躍推進企業データベース
  グッドヒル株式会社 (厚生労働省ホームページへのリンク)
 
Copyright© 2019 GOODHILL Corporation, Ltd. All Rights Reserved.